アーティストのためのNFT

2021年になって急に燃え上がりだしたNFTについて、「こんなものは一過性のブームだ」だとか、「ゴミのようなものばかりが高値で売り買いされている」だとか、批判の声が聞かれるが、クライアントワークあるいは美学校/予備校の講師としてしか喰っていけないアーティスト(”自称”も含む)たちにとっては、またとないチャンスであるともいえる。

まさに、
乗るしかないこのビッグウェーブに((c)BUTCH)
だ。

「アーティストのためのNFT」では、このNFTというものが自らがアーティストであることを続けるための武器である、と感じているアーティストたちが、具体的にどう考えて、どう動いていけば良いのか、ということについて、これまで自らの作品をNFTで70点以上売った経験があるジェネラティヴアーティストのテシュナカムラ(teshnakamura)が語る。

とはいえ、真面目にアートと向き合ってきた人たちにとっては、実際に「NFTってどんなものだろう?」と思って、OpenSeaを見てみたら、「ゴミのようなものばかりが高値で売り買いされている」と感じてしまった人々が少なからずいる、ということも分からなくはなく、「あー、これはオレには関係ないわ」と敬遠している人もいるだろう。
大丈夫、僕もそっち側だ。

だが一方で、「こんなものはアートではない!」と自分のアートの定義に合わないものを切り捨てる、という態度もちょっとなあ、と思う。
僕は一度美術館に展示されていたデュシャンの便器(のレプリカだったはず)の前で「こんなものはアートではない!」と怒っているおっさんを見たことがある。んー、まさにデュシャンはこの作品でそのあたりをテーマにしていたんだがね、と笑いそうになった。
OpenSeaであなたが見た「ゴミのようなもの」についても語っていこうではないか。

「アーティストのためのNFT」は次のような人を対象にしている。

  • NFTで自分のアート作品を売っていきたい人
  • CryptoPunksBAYC、及びその模倣作を退屈だ、と思っている人
  • テシュナカムラについて知りたい人

日本のアーティスト(日本人および日本で活躍しているアーティスト)が日本のアートシーンおよびNFTシーンを盛り上げて、浮世絵・マンガ・アニメだけではない日本のアートの新しい潮流と、それを世界に拡げていくことを夢見ている。

記事

日本国内でつるんでる場合じゃない という話

日本国内でつるんでる場合じゃない という話

今年になって急に盛り上がりだしたNFTだが、2021年11月現在、まだまだ日本では実際にNFTを売り買いしている人はほんの少数で、むしろ日本において何らかの形でNFTに触れたことがある人は今のところアーリーアダプターであ
ジェネラティヴアートについて

ジェネラティヴアートについて

自らの肩書を「ジェネラティヴアーティスト」としているが、この「ジェネラティヴアート」というものがまだ一般的ではないようなので、それについて語ってみようと思う。また、ジェネラティヴアートというものが如何にNFTと相性がいい
NFTの何がそんなにすごいのか?

NFTの何がそんなにすごいのか?

なぜ今、NFTについて世界中がそんなに騒いでいるのか?アート界でNFTが騒がれるようになったのは明らかにBeepleの作品が75億円で落札された、というニュースが発端だ。あるいはダミアン・ハーストがNFT作品を発表したり
テシュナカムラについて

テシュナカムラについて

「アーティストのためのNFT」というサイトを立ち上げて、これから好き放題書いていこうとしているテシュナカムラについて、「一体何者なんだ?」という疑問がわくことだろう。怪しすぎる。実は自らを「テシュナカムラ」とカタカナ表記
アーティストがNFTを始めるにあたって心得ておくべきこと

アーティストがNFTを始めるにあたって心得ておくべきこと

あなたが、自分のアート作品をNFTにして、世界中に売っていこうと決心したら、心得ておくことがある。以下は、この「アーティストのためのNFT」サイトの基本スタンスにも通じるものであるので、ぜひとも守ってほしい。 目次 DY
タイトルとURLをコピーしました