NFTのマーケットプレイスについて

あなたが自分の作品をNFTにして、世界にひろめ、それをコレクターに買ってもらうためには、それらを売り買いする場が必要だ。NFTではそれらをマーケットプレイス(市場)でやり取りする。
この記事では、2021年11月現在、世界でNFTがやり取りされているマーケットプレイスのうち、僕が知っているものを中心に書いていく。
ネット上で見られる一般的な情報源では、どちらかと言えばキャラクター(コレクティヴ)のNFTを創ろうとしている人向けであることが多いが、この記事ではアーティストが自分の作品をNFTにするためには、という視点でマーケットプレイスについて語る。

すぐに始められるNFTマーケットプレイス

OpenSea

OpenSea

世界で最もメジャーなマーケットプレイス。通貨はイーサリアム(Etherium)が中心だが、ガス代があまりかからないポリゴン(Polygon)などを使うこともできる。
ここでやり取りされているNFTはかなりバラエティに富んでいて、CryptoPunksなどのコレクティヴから、いわゆるファインアートとされるようなものまである。
が、主流はコレクティヴ、というか言ってしまえばマンガっぽいものが多く、ここ(だけ)を見た多くに人が「NFTはゴミばかりだ」などと言っているような気がする。

OpenSeaのいいところ
・誰でも出品可(審査はない)
・最もメジャー = 賑わっている = たくさんのコレクターが見に来る
・ミント時にお金(イーサリアム)がかからない

OpenSeaのビミョーなところ

・データ(作品)の実体がOpenSeaのストレージに保管される(IPFSではない)
・なんでもアリ感がちょっと。。。

Rarible

Rarible

Raribleも審査無しでNFTを売ることができるマーケットプレイスだ。これは僕の個人的な印象ではあるが、RaribleはOpenSeaと比べてよりアート寄りだと思う。

Raribleのいいところ
・OpenSeaと比べてちょっとアート寄りな感じがする
・データ(作品)はIPFSに保管される。

Raribleのビミョーなところ
・ミント時にお金(イーサリアム)がかかる。かなり高い。自ずと作品の値段をある程度以上にしないと赤字になる。
 (これがOpenSeaよりもアート寄りに感じられる理由か?)

hic et nunc (HEN)

hic et nunc

ガス代が高いイーサリアムではなく、テゾス(Tezos: XTZ)という暗号通貨でやり取りをするマーケットプレイス。
テゾスはイーサリアムと比べてガス代が桁違いに安く、さらに地球にやさしい(マイニングの消費電力がかなりおさえられる)ので、ちょっとずつ人気が出ている暗号通貨だ。またF1のスポンサーなどもしているようで、今後、イーサリアムのガス代に不満を持っている層がこちらに移動してくることも考えられる。
OpenSeaに慣れていると、最初にこのHENを見たときに、そのかなりのシンプルさ(というか無骨さ)にびっくりすると思う。「NFTで使うHENな用語」でも書いたが、このHENでは独特の用語を使うので、最初はとっつきにくい。

HENのいいところ
・テゾスのおかげでガス代がかなり安い。
・なんとなく通っぽい。集まっている人がマニアック。

HENのビミョーなところ
・コレクションを作ることができない。コレクション単位で管理できない。
・HENな用語が多い
・UIが使いづらい(わざとか?)

2021/11/15 追記
これは全くの偶然のことなのだが、この記事を書いた翌日、hicetnunc.xyzが閉鎖された。詳細については「HENが変なことになっている!」を参照のこと。
なお、hicetnunc.xyzは閉鎖されたものの、そのサイト全体とそこで扱われていたNFTはすべてクローンされ、いくつかのサイト(たとえばhicetnunc.art)でサービスを継続している。
こういったところも非中央集権型のすばらしいところだ。

objkt.com

こちらもHENと同じく、テゾスを扱うマーケットプレイス。
HENの無骨なUIと比べると随分と使いやすく、OpenSeaに似ている。
また、HENで使われるHENな用語もなく、用語についてもOpenSeaとほぼ同じである。
ただ、objkt.comで”mint”という文字をクリックすると、なぜかHENに飛ばされ、そこでミントすることになる。つまり、HENでミント(objkt)したものを”hic et nunc”というコレクションで扱う。
ちょっとややこしいので絵を書いてみた。

HENでmintされたものはobjkt.com側では”hic et nunc”というコレクションの中で見ることができる。

実は僕が最初にテゾスのNFTを始めたのはHENだったが、objkt.comを知ってからはこちらのほうがコレクターにも扱いやすいと思い、objkt.comから買うことができるようにアナウンスしているが、実際はHENでミントしている。

objkt.comのいいところ
・テゾスのおかげでガス代がかなり安い。(これはHENと同じ)
・HENと比べるとUIが使いやすい。

objkt.comのビミョーなところ
・コレクションを作ることができない。コレクション単位で管理できない。(これはHENと同じ)
・objkt.com内でミントできない。

2021/11/15 追記
hicetnunc.xyzが閉鎖されて、このあたりはどうなるのだろうか、と思ったが、ふと気づくとobjkt.comに自分のコレクションを作ることができ、さらにはobjkt.com上でミントできるようになっていた。
このあたりについては別記事で。

アーティストが目指すべきマーケットプレイス

以下は、僕がまだ参加できていないが、いつか参加したいと思っているマーケットプレイスだ。
なぜ参加したくてもできないのか、というと、招待制であったり、審査が厳しいから、ということで、僕よりも先にあなたがこれらに参加できたとしたら僕は泣く。
いずれもRaribleよりもさらにアート寄りで、OpenSeaを見て「NFTなんてゴミを売り買いしているただの流行だ」なんて言っている人も、これらを見たらちょっと考えが変わるかもしれない。
また、上記にあげた3つの「すぐに始められるNFTマーケットプレイス」と比べて、そこでやり取りされる額は桁が違って、プロのアーティストが目指すべき場であると言える。

Foundation

Foundation

招待制。
ここに出品した作品が売れたら、誰かを招待する権利が与えられる。
その招待権が高値でやり取りされたこともあるそうだが、今はそれがバレたら売った側がBANされることになっている。

SuperRare

SuperRare

審査あり。かなり厳しい。
出展されている作品を見ると、かなりホンモノであることがわかるかと思う。
ここはNFTアーティストにとっての登竜門といったところか。

Nifty Gateway

Nifty Gateway

審査あり。かなり厳しい。
評判ではSuper Rareよりもさらに審査が厳しいとか。

まとめ

アーティストのあなたはFoundation, Super Rare, Nifty Gatewayを目指すべきではあるが、まずはやってみる、ということでOpenSeaやHENから始めてみてもいいかと思う。

タイトルとURLをコピーしました