NFTの何がそんなにすごいのか?

なぜ今、NFTについて世界中がそんなに騒いでいるのか?
アート界でNFTが騒がれるようになったのは明らかにBeepleの作品が75億円で落札された、というニュースが発端だ。
あるいはダミアン・ハーストがNFT作品を発表したり、美術手帖で特集が組まれたり、というのも大いに関わっているだろう。
また、アート界ではないのかもしれないが、CryptoPunksのドット絵が数千万円で取引されているという「異常さ」も、話題性としては充分だ。

NFTの何がそんなにすごいのか?

それについて、僕なりに書いてみる。

デジタルデータに価値がついた

コピー可能なデジタルデータは、そのコピーにかかるコストがゼロに近づくほど、データそのものの価値もゼロに近づく。
あるCGの作品があるとして、それがデータとしてコピーできるのであれば、誰でもほぼ無償でコピーして楽しむことができる。もちろん著作権や知的所有権などの問題が絡んでくるので、それを守るためのあらゆる仕組みが考えられてきた。
違法コピーとそのための対策はずっといたちごっこだ。
誰でもコピー可能なデジタルデータについて、「私が所有者である」ということはこれまではできなかった。
その所有権を保証する機関(あるいは会社?)はあったのかもしれないが、その会社が無くなってしまえば所有権は保証できなくなる。そもそもその会社が所有権を保証するという根拠は何なのか?という疑問もある。

そこでNFTである。
NFTはブロックチェーンの技術を使って、特定の機関による中央集権的な仕組みではなく、誰もが見ることのできる状況でみんなで所有権を保証しましょう、という仕組みだ。
だからその情報を改ざんすることもできない。
ある特定の機関が無くなったとしても、その所有権を保証する仕組みは無くならない。

NFTの出現によって、「デジタルデータとその所有権」という新たな哲学的テーマが取り上げられるようになった。

これは、ある絵画作品(たとえばモナ・リザとしておこう)を精巧にコピーしたものが無数にあって、それでも「ルーブルにあるものが本物である」とする根拠は何なのか、というのと同じ次元で扱うべきものとなった。

セカンダリマーケットからの報酬

これはブロックチェーンの特徴ではなく、イーサリアム(あるいはその他の暗号通貨)のスマートコントラクトという仕組みを使ったものであるが、あるアーティストが創作した作品が売れて(プライマリ)、それを買った人が第三者に転売した(セカンダリ)とすると、その転売された額のうちのいくらか(予めアーティストが設定しておいたパーセンテージ)がアーティストに入ってくる、という仕組みがある。

これは、セカンダリ市場で高値でやりとりされたとしても、一銭も入ってこずにイライラしていた作者にとっては朗報である。
NFTには(というかブロックチェーンには)その作者が誰であるのかが刻まれていて、それを改ざんすることはできないので、転売が繰り返されるたびにその作者にいくらかの報酬が入ってくる。

これは大発明だ!

この仕組みがあるため、NFTアーティストの中には、無償で作品をばらまいて、それを受け取った人が転売するのを期待している者もいる。「どうぞ転売してください」というわけだ。win-winだね。
これはアートとお金をめぐる大発明だと思う。

IPFS (InterPlanetary File System)

普通、デジタルデータをどこかに保存するという場合は、個人であれば、PCの中のハードディスクやSSD、あるいはUSBメモリの中に保存することになるだろう。あるいはクラウド上(DropboxやGoogleドライブなど)に保存するかもしれない。
また、企業であれば独自のストレージシステムの中に保存する。
個人のPC内であれ、企業のストレージであれ、そのデータがどこにどういうファイル名で保存されたか、ということが重要になる。
一方、IPFSという仕組みは、ある特定の置き場所にデータを保存する、というものではなく、世界中に分散的に保存し、必要なときは、世界中のあらゆるところから分散的に取り出す、というものだ。
つまり、「どこに保存されたか」は問題にはならない。また、世界中に散らばって複数保存されているので、万が一でもそれが消えてなくなることはありえない。
NFTでやり取りされるデジタルデータが、このIPFSで保存されることによって、そのデータは理論上永久に残ることになる。

実はこれはNFTの特徴というわけではない。事実、NFTで一番大きなマーケットプレイスとされるOpenSeaでは、このIPFSではなく、独自のストレージに保存している。
それでもこのIPFSでデータを保存することとNFTとは無関係ではないはずだ。「デジタルデータの価値」と「デジタルデータの永続性」は同時に保証されるべきものだからだ。

スマートコントラクト

NFTはイーサリアムがスマートコントラクトという仕組みを取り入れたために可能になった。
つまり、スマートコントラクトがないビットコインでは不可能なものである。
スマートコントラクトとは、ブロックチェーンでやり取りが発生する際に、自動的に起動・実行されるプログラムのことで、これによって例えば転売時にも作者にロイヤルティが支払われる仕組みなどといったものが実行できている。
このスマートコントラクトを応用することによって「NFTでしかできないアート」というものも起こりうる。(実際にスマートコントラクトを応用した面白いアートが出てきている。これについてはおいおい。)

タイトルとURLをコピーしました