2021-11

NFTについて

自分のアート作品をNFTにしてみよう

とにかく始めてみないことには何もわからない。世の中には「あんなものは流行に過ぎない」だとか「バブルはいずれはじける」だとか、「ゴミが売られている」だとか、ひどいのになると「あんなものは詐欺だ」などと言う人たちもいる。それが流行であったとし...
NFTニュース

OBJKT.comだけでミントできるようになった!しかもコレクションも作れるよー

「HENが変なことになっている!」にも書いたとおり、hicetnunc.xyzのサイトは閉鎖したようだ。HENはテゾスでNFTを作り始めた頃に使っていたが、やがてobjkt.comのほうがコレクターにとっても使いやすいだろう、と思い、僕は...
NFTニュース

HENが変なことになっている!

つい先日、HEN(hic et nunc)についてここで書いたところなのだが、11日ごろからHENのサイトがずっと落ちている。これについて、HENからアナウンスがあったので、要約して翻訳する。 2021 11/11, hicetnu...
NFTについて

NFTのマーケットプレイスについて

あなたが自分の作品をNFTにして、世界にひろめ、それをコレクターに買ってもらうためには、それらを売り買いする場が必要だ。NFTではそれらをマーケットプレイス(市場)でやり取りする。この記事では、2021年11月現在、世界でNFTがやり取り...
NFTについて

NFTで使うHENな用語

どんな分野でも専門用語というものがあるが、NFTにおいては「ちょっと変」と感じる用語が使われることがよくある。ここでは僕が知る限りのNFT用語について書いておく。今後、新しい用語を知ったらどんどん更新していって、用語集を作っていこうと思う...
精神論

日本国内でつるんでる場合じゃない という話

2021年11月現在、現在の日本のNFTを見てみると、早くも日本国内でつるんでいる感が現れている。なんか気色悪い。
アート

ジェネラティヴアートについて

自らの肩書を「ジェネラティヴアーティスト」としているが、この「ジェネラティヴアート」というものがまだ一般的ではないようなので、それについて語ってみようと思う。また、ジェネラティヴアートというものが如何にNFTと相性がいいのか、ということに...
NFTについて

NFTの何がそんなにすごいのか?

なぜ今、NFTについて世界中がそんなに騒いでいるのか?アート界でNFTが騒がれるようになったのは明らかにBeepleの作品が75億円で落札された、というニュースが発端だ。あるいはダミアン・ハーストがNFT作品を発表したり、美術手帖で特集が...
テシュナカムラ

テシュナカムラについて

「アーティストのためのNFT」というサイトを立ち上げて、これから好き放題書いていこうとしているテシュナカムラについて、「一体何者なんだ?」という疑問がわくことだろう。怪しすぎる。実は自らを「テシュナカムラ」とカタカナ表記するのは今回が初め...
精神論

アーティストがNFTを始めるにあたって心得ておくべきこと

アーティストがNFTを始めるにあたって、心がけておくべきこととしてDYOR(ggrks)やAYOR(自己責任)があります。それらについて語ります。
タイトルとURLをコピーしました